2006年01月24日

腰痛とビクトリアシークレット

CESでzenさんのギックリモデルポーズ in Las Vegasを笑っていた祟りか、また腰痛再発しまして接骨院に通ってます。

担当の先生は多分同年代の男性。これが問題だ。
なんか男友達に体触られてるような気恥ずかしい気分になるのよ。勝手に。せめて全て枯れきったようなお爺さんにして〜

そのうえ私の場合どうも股関節の調子が悪く、腰をマッサージされる時も

「えーっと、そこよりもっと下のほうが痛いんです」

と、自ら殿方の手を臀部に誘導せざるを得ないという羞恥プレイ。


それはそうとね、
この先生、私の顔を見ると、どうも、くすっと笑うんですよねぇ。

あたし、何かしたかしら??
身体のコアな部分を触られてしまう分、なるべく君とはクールなスタンスを保ちたいと思って接してきたはずなのに?
整体の時、我慢できずに、つい
「うぉぉーー、いたい!!」と叫んだりするから?
もしくは我慢している時の顔が面白すぎ?白目剥いちゃってるかしら?あたし。

テーピング貼るときもね、うら若き乙女の扱いじゃない。
なんせ痛めている場所が臀部近辺なもんで、パンツなんかも下手したらチラリと見られちゃうわけ。そんなチラリズムと対抗すべく
「あら?今日わたし綺麗なパンツ履いてたかしら?」
なんて勝負パンツチェックするわけですよ。一応。

でもね、先生そんなのお構いなし。
テーピングを左手に、右手でうつ伏せに横たわっている私のパンツをジャージと一緒に持ち上げ、尾てい骨近辺までテーピングをバチッと張ってくれるんだけど、問題はその後。
そのまま子供にパンツ履かす時みたいに、ぐぐーーーッとウエスト部まで持ち上げて

パっチーーン!


はい、いっちょあがりーーっ!

って先生、、
このパンツ、、、
ローライズジーンズでかがんでも後ろからパンツが見えない
今流行の
「ローウェスト」
ってやつなんですよ。

もうね、いまどきグンゼもそこまでハイウエストじゃないぜ?
おかげでパンツがお尻に食い込んじゃってTバック仕様に早代わり。Sant Fe!レベル。

ったく。
もう、いやだわぁ〜。
年頃の女性のパンツを食い込ませて楽しむなんてさ。

ブツブツ言いながら治療後自分のスカートに着替え、、、、

げ、
げげ、
ゲゲーベン!

あたし今日、パンツ、、






表裏反対じゃん!


腰のゴム部分に入った「VICTORIA SECRET」というロゴが思いっきり裏文字になってましたとさ。。


posted by tundra | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ビクトリアシークレットの記事を探していてここに来ました。
最初全然関係ないブログに来たような感じだったけど、最後にオチとしてビクトリアシークレットが出てくるんですね。
笑いました。
Posted by ビクトリアシークレット at 2006年04月23日 17:25
ビクトリアシークレットさん、コメントどうもです。

わたし、この
「ブラジリアンパンティー」というネーミングがものすごく好きです。
http://victorias-secret.seesaa.net/article/16766824.html
そう言えばブラジル人の友達、ほんとにセクシーなパンツはいてたなぁ。。
Posted by つんどら at 2006年04月24日 11:30
私も「ブラジリアンパンティー」ってネーニング好きです。
でもなんでブラジリアン?って疑問もあるんですけど。
私の想像するブラジル人ってヒモみたいなパンツ穿いてる印象が・・・。
Posted by ビクトリアシークレット at 2006年04月25日 01:13
ビクトリアさん

いや、まじでブラジリアンのルームメイトはセクシーなというか、局部紐状態のパンツしか履いてませんでした。ONLYですよ。たまにデカパンとかはきたくならないのか不思議で不思議で・・・

なんかその時点で、同じ女として日本女子負けたーー!って感じたのを覚えています。
Posted by つんどら at 2006年04月25日 23:47
なんか、ここに初めてコメントする気がする

しかも1年前のエントリに。

しかもその理由が「ゲゲーベン」に惹かれてという。
Posted by (善) at 2007年04月04日 00:13
久しぶりに善さんからのコメントだと思ったら、一年前のエントリw
ゲゲーベン、いまだに地道につかってますよ。
Posted by つんどら at 2007年04月04日 11:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック