2007年06月05日

アップル、文化庁を激しく非難

cnet
アップル、文化庁を激しく非難--「私的録音録画補償金制度は即時撤廃すべき」

私的録音に関する著作権者への補償金支払いをiPodなどのデジタルオーディオプレーヤーにも義務づけようとする、いわゆる「iPod課金問題」に対し、アップルジャパンが内閣官房に提出した意見書の全文が首相官邸のサイトに公開された。アップルはこの制度には科学的根拠がないとして、即時撤廃すべきと強く主張している。
(中略) 
この問題に対し、アップルは「科学的かつ客観的証拠に基づかない理由による私的録音録画補償金制度は即時撤廃すべきである」と強く主張する。

 その根拠は5つ。
・・・


スカが胸胸っするよ!

この5つの根拠がどーのこーのというよりも、ある程度の力を持ってきた企業が、業界内で果たすべき役割をちゃんと果たしているという事に感心。ぬるま湯につかって甘い汁吸ってるだけじゃない。

ちなみに、私的録音・録画補償金制度に関してのご意見番長といえば・・

小寺信良さん

みのもんたよりズバっと斬ってくれるコラムが痛快です。
こでらのデジズバッ。
ITmedia
私的録音・録画補償金制度では誰も幸せになれない (1/2)

iPodのような音楽プレーヤーに課金することが、補償金制度に対して妥当であるかという議論以前に、そもそも補償金制度のベースである「自由かつ有償」という約束が、すでに話が違ってきているのである。
さらにそれを押して課金範囲を広げれば、消費者はあまりにも踏んだり蹴ったりではないか。


小難しい話を分かりやすくかつ面白く砕いてくれ、何が問題なのかを教えてくれる天才ですよね。

そもそも「私的録音録画補償金制度」なんて、漢字が11個も連なってるだけで購読拒否したくなるような話を、すらりと説明してくれる。

しかもスマートな一般論だけを語るのではなく小寺さんの毒を散りばめてw。痛快。さすが九州人!

で。。

この小寺さんのコラムをまとめた本が出版されました!!
コデラさんおめでとうございますぴかぴか(新しい)

業界の人はもちろん、ユーザーとしても漠然と言われるがままになるのではなく、現状のデジタルメディア技術・業界がどうなっているのか把握し自らが果たすべき役割を考えるって意味でも、この本はBuy Now!です。

コデラノブログ SP2
2007-06-01 小寺信良、ベストアルバム発表
って感じなんですよ。

ITmediaで連載を続けていたコラムが、本になりました。テーマ別に分けて、それぞれベストなものをピックアップ、注釈を沢山加えて、今読んでも面白い形にしました。過去179回のコラムを全部読むのは、我ながらものすごく大変で疲弊したんですが、同時にとっても楽しい作業でした。


メディア進化社会 (単行本)
小寺 信良 (著)

商品の説明
出版社/著者からの内容紹介
いまや音楽や映像はダウンロードで購入することが
当たり前になり、
ウェブが新聞やテレビなどの伝統的メディアを脅かしつつある。

人々はTVCMをスキップする一方で、
身の丈を越えるデジタル技術を持て余す。

「映像配信における缶ジュースビジネス」から
「コンテンツ保護の日米差」まで
現場に携わり続けた豊富な経験から語る!

メディア進化が引き起こす社会の変化、
人間の変容はどんなものなのか?

メディア進化の先端で何が起きているのか、この1冊でわかる!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

iPod shuffle(1GB ピンク) [MA947J/A]【
Excerpt:  使いやすさが第一 軽さ念願のipod−shuffle★いろんな店舗を比較して、イズミヤさんに決めました。一番のポイントは即納ですね!15時までの注文は即納!というのが本当にありが..
Weblog: デジタルオーディオプレーヤーの感想
Tracked: 2007-08-16 03:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。