2007年12月05日

シャイニング時計



GIZMODE JAPAN
映画『シャイニング』のあいつが時を告げる恐怖のカッコー時計
「Here's Johnny!」

とドアを斧で叩き割った亀裂からヌッと顔を出して笑い、シェリー・デュヴァルが「キャーーーーー!」と恐怖に震える、あのスタンリー・キューブリック監督のホラーの名作『シャイニング』戦慄のクライマックスをご家庭の茶の間に。

毎時間これを演じます。
Chris Diminoのデザイン。プロトタイプの非売品。

shining.jpg

ほしぃ!!!
商品化された際には、来年の誕生日に相方におねだりしよう!!
相方、ホラー大嫌いだけど。

シャイニングといえば、地元で近所の友達のお父さんがかなり面白い人で、いまだに駅でばったり出会ったりすると「veroちゃ〜ん、元気ぃ??」ってオカマ風に手を振ってきたり、かと思えば何も言わずウィンクだけしたりする笑えるおっさんなんだけど。

小学校のとき、うちらがその子の部屋で遊んでいると必ず!ちょっとだけドアをあけてこのシャイニングの顔真似してたんだよな〜。当時は何の真似か分からなかったけどさ。変なお父さんだなーってスルーしてた。

だから、高校になって初めてシャイニングを見たとき、
「これかっ!!」
って1人やたら感動した、という変な思い出がある。


うーん、思い出せば思い出すほど、やっぱ九州のおっさん・おぱさんってキャラ濃いよね・・。。

自分もそのベクトルに進みつつあったりして・・汗


posted by tundra | Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。