2007年12月28日

林 信行さん(a.k.a. nobiさん)

祝!nobiさんの著作が一気に2冊も発売されました!
スティーブ・ジョブズ 偉大なるクリエイティブ・ディレクターの軌跡
林 信行



iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり


なんと私は本人からのサイン入りを2冊頂きました。YATTA---!!
サイン中
ありがとうございますグッド(上向き矢印)ハートたち(複数ハート)

nobiさんのサイン・・(日本語サイン苦手気味w)
サインを隠す著者
「絶対見せないで!」by本人

両方、別途日記に紹介しようと思ってるけど、とにかく素晴らしい本です。

特にiPhoneショックのほうは、目次を読んだだけでもこれまた

「こんなに一冊に詰め込んでもったいない!」

と、nobiさんのお人よしっぷりがにじみ出ている、iPhoneショックのエッセンスが詰まったお得な一冊だと思う。

One of アップル本ではないですよ。

今グローバル化が進む中で、日本が直面している危機的状況を「物作りの視点」で語ってあるので、より身近な問題として実感できる。

日本って物作りのスペシャリストだと思い込んでたのに、あれ?もしかして亀に抜かれてたりする?的な疑問かかえている方、必読です。ITギークじゃなくても十分読みやすいのでおススメ。

「スティーブ・ジョブズ 偉大なるクリエイティブ・ディレクターの軌跡」のほうは、Apple教の人だったら「読む用」「保存用」「インテリア用」なんて3冊買う人いるのではw。彼の数々の名言と写真で構成されたクールなハードカバー。
Drift Diary
書評:スティーブ・ジョブズ 偉大なるクリエイティブ・ディレクターの軌跡


しかもびっくりしたのが、Jobsの素敵な面ばかり書いているのではなく、彼の冷酷な一面だったり「ええぇ〜〜?」ってような事も隠さず事実がそこにある。空気ばかり読んでる人は偉大なるクリエイティブ・ディレクターにはなれないのかも。確かに、ゆるぎない信念ですね。


スティーブジョブズのほうは品切れが続いている様子だし、iPhoneショックも増刷が決まったみたいだし、今後nobiさんの名前もITの世界を超えて有名になると思うので、プライベートのnobiさんについて面白ネタを暴露しとこ。

nobilog2
http://nobi.cocolog-nifty.com/

というのも、私が東京でこれだけIT関連の知人ネットワークが広がったのも、よく考えたら元はnobiさんのおかげなんですよねぇ。

2003年帰国して突然「広報」なんて未経験の仕事も兼任しなくてはならず、右も左も分からずプチパニックどんっ(衝撃)だった私に親切に色々メディアの方々を紹介してくれたり、CESのブースに日本の記者さん集団を連れてきてくれたり、時には本社からのCTOの通訳までしてくれたり、、etc

「こんなにいい人で、大丈夫?」って心配になるぐらい、色んな人のお世話をしたり小まめにフォローしたり。なかなか出来ないよ?

iPodを色んなところに落として回ったりするのも、あれは良いプロダクトを日本に広めていくための布教活動に違いない!!w

個人的にもnobiさんに出会ってなければ絶対macなんか使ってなかった。銀座のアップルストアでnobiさんにmacを選んでもらうなんて贅沢すぎる!とdrikinにも突っ込まれたけど。

で、drikinを紹介してもらってなかったら、またこんなにネットの世界に踏み込んでなかっただろうなぁ。mixiも招待されたのdrikinだったのに、興味がなくて数ヶ月放置、全然登録してなかったぐらいだし。

今ではデジイチで写真を撮ってflickrをオンラインアーカイブとして利用、iMovieで編集したり、さらにeye-fi cardを使って無線でUPLOADなんて、、この2人との出会いがなかったら、、、多分、絶対ないばい!

人との出会いって、ほんとすごいね。

と、年末ぐらい珍しく感謝の言葉で締めたいと思います。ハートたち(複数ハート)

ありがとうございます!
Spider PRO

スティーブ・ジョブズ 偉大なるクリエイティブ・ディレクターの軌跡



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。