2008年03月13日

江頭2:50のエィガ批評宣言

江頭2:50のエィガ批評宣言


やばい。この本。面白すぎ。
益々、「チャコットを着た悪魔、えがちゃん」への愛が募った。

ファンとしてはえがちゃんの知性が見え隠れしてしまっているのが、あぁぁーー!お願い、隠しといて!!って感じだけど。


この本を読んで改めてえがちゃんの愛の懐の深さを感じた。
えがちゃんが宗教始めたら、軽く入信してしまうかもしれない。
アマゾンのレビューも見てみてよ!この崇拝されかた。かっこよすぎ。


批評したり正論を言う事は誰にでもできるけど、要は・・


「そこに愛はあるのかい?」 by あんちゃん


心に刻んだとです。
ホームレス中学生より・・

江頭2:50 名言・迷言集 布袋.ver

それにしても、あの上半身裸+チャコット姿ってテリー伊藤がプロデュースしたんだって。筋肉の動きをもっと見せたほうがいいという理由から。テリー、やっぱ天才だな。



タグ:江頭2:50
posted by tundra | Comment(2) | TrackBack(0) | オススメ
この記事へのコメント
淀川さん亡き後、まっとうな映画評論家が
いないなあ〜と思ってましたが、
最近、複数の周りの映画好きな人から
「えがちゃんの評論はいい!」と勧められてたので気になってました!
レビューの絶賛ぶりすごいですね^^
かってみます〜!
Posted by Minita at 2008年03月14日 10:30
mintaさん、映画好きでいらっしゃるから、共感ポイントさらにあると思いますよ。ぜひぜひ読んでみてください。エガちゃんの映画に対するパッションがビシビシ伝わりますので。
Posted by つんどら at 2008年03月24日 10:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。