2008年08月25日

ZEDシルクドゥソレイユシアター

シルクドソレイユゼッド、トライアウト公演。

ZED@tokyo

シルクドソレイユは「O」以来二回目。

「O」を最初に見た時、全く無意識で突然涙腺を刺激されるという初体験の感動をしただけに、あの「O」の衝撃を超えるのか疑問だったけど、、


開始早々いきなり、また「布」にやられた!

布使いの天才がいるよね、あそこ。


ショー自体は、とにかく

ビューテホー!

これぞエンターテイメント!楽しい!


「O」が水の舞台だったけどゼッドは空中が舞台。

幻想的な演出に、これまた常設シアターだけに可能な舞台仕掛け!え、そこから出てくる?みたいな。

最後の方、空中から人がパラパラと降りてくるシーンなんか、夢の中のよう。はぁ〜//

さすがに「O」を超えるかと聞かれれば、それは無いかなぁと思いつつも、全然違う方向で楽しめる。

都会の子って、こんなものを小さい頃から近くで触れるチャンスがあるなんてラッキーだよねぇ・・としみじみ思った。まあ、その分田舎の子にしか味わえない自然なんかもあるわけだけど。


最後は全員でスタンディングオーベーション。観客に外国人が多いってのもあるけど、ノリがやたらよかった。


そして特筆すべきは、この常設シアター。
photo.jpg

見上げても苦痛じゃないような椅子とゆったりとした客席空間。
東京の空間ではなかなか実現できないゆとり空間ですよ。

ステージを中心として割とこじんまりと作った?どの席でも十分ステージが近く思えるような設計。。。実は2000席以上もあるらしい!

一番後ろの席でも十分いけるのでは。無理して前方の席を押さえなくても十分楽しめると思う。



シルクドゥソレイユシアター
テントをイメージしたという建物自体がデカい!
さすがオリエンタルランドだわ。


食べ物もシャンパンセットやワインセット、〜このワイン、びっくりするぐらいおいしかった!〜、飲み物は充実しているんだけど、食べ物がほぼ皆無。行く人は必ずおなかを満たしてから行くことをおすすめします。

こりゃ地方からも観客動員できるんじゃないかなぁ〜。


お土産には、これがオススメ

土産

鼻に装着するだけでピエロになれるグッズ。400円w
posted by tundra | Comment(2) | TrackBack(0) | オススメ

2008年03月13日

江頭2:50のエィガ批評宣言

江頭2:50のエィガ批評宣言


やばい。この本。面白すぎ。
益々、「チャコットを着た悪魔、えがちゃん」への愛が募った。

ファンとしてはえがちゃんの知性が見え隠れしてしまっているのが、あぁぁーー!お願い、隠しといて!!って感じだけど。


この本を読んで改めてえがちゃんの愛の懐の深さを感じた。
えがちゃんが宗教始めたら、軽く入信してしまうかもしれない。
アマゾンのレビューも見てみてよ!この崇拝されかた。かっこよすぎ。


批評したり正論を言う事は誰にでもできるけど、要は・・


「そこに愛はあるのかい?」 by あんちゃん


心に刻んだとです。
続きを読む
タグ:江頭2:50
posted by tundra | Comment(2) | TrackBack(0) | オススメ

2008年02月01日

80年代の懐かし画像集

先日の「りんごちゃんお風呂セット」エントリーで画像を探しているときにみつけたこちらの記事。


80年代後半〜90年代前半を回顧するブログ:80年代の懐かし画像集

もね、

GJすぎっ!ぴかぴか(新しい)

OVERサーティーのみなさん、確実に

ノスタルジー地獄にはまりますっ!!





ポッピンアイを妹の足に吸わせて、あざを作ったりしてたな〜〜
posted by tundra | Comment(2) | TrackBack(1) | オススメ

2007年12月25日

ゾンビ好きにオススメのClayアニメ

素晴らしい出来映え!!
ゾンビ好きのツボを押さえてる。

しかも、これ。いつものごとくメリケンが作ったのではなく京都の学生さん作らしい!クレイアニメ好きにも必見の作品ですよ・・

CHAINSAW MAID


本家サイトはこちら。
http://www.eonet.ne.jp/~y-nagao/
レビューも面白い!

今年はiPhoneしかり、レミーのレストランしかり、アメリカの技術に圧巻されっぱなしで「ニッポンばどげんかせんといかん」って思うことが多かった2007年だったけど、日本の学生にもこんな人がいるんだと思うと頑張れる気になれますね!
posted by tundra | Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ

M1、すごかった

見ましたか?今年のM1。

凄まじかった。

もう、私は目が釘付けでしたよ。



中田カウスの笑顔に。


こえぇぇぇぇえぇぇぇーーー


あんなに笑顔が黒いオッさん、とりあえずリアルでみたことないかもしれない。久しぶりに生命の危機を感じた。テレビでよかった。

で、肝心の漫才のほうは・・



続きを読む
タグ:M1
posted by tundra | Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。